Tokyo Wind Symphony Orchestra 

131020_0060.jpg

HOME > 出演者 > フィリップ・スパーク

フィリップ・スパーク

Philip Sparke

sparke.jpgフィリップ・スパークはロンドン生まれで、英国王立音楽大学にて作曲、トランペット、ピアノを学び、同大学でARCMディプロマを取得した。

 彼がバンド音楽に興味を持ち始めたののは同大学時代である。大学の吹奏楽団で演奏すると共に、学友らと金管バンドを結成し、その双方のために作曲を手がけた。彼の作品が最初に出版されたのもこの頃だ。金管バンドのための“コンサートプレリュード”と吹奏楽のための“ガウディウム(喜び)”である。

 スパークの音楽は次第に人々の心を捉え、委嘱を受けて作品を書くようになった。主要作品の中でも最初の曲といえるのが、ニュージーランドで開催されたセンテニアル・ブラス・バンド・チャンピオンシップのために作った作品“長く白い雲のたなびく国”である。 

 その後も数々の楽団やBBCなのから委嘱を受けている。その3作品(スリップストリーム、スカイライダー、オリエント急行)は、欧州放送連合の「ニュー・ミュージック・フォー・バンド・コンペティション」で優勝している。他にも、ニュージーランド、スイス、オランダ、オーストラリア、英国等の金管バンド選手権から委嘱を受けて曲を手掛けている。ロイヤル・アルバート・ホールでのナショナル・ファイナルズについては、2回の委嘱を受けた。

 日本の楽団との関わりも深く、東京佼成ウインドオーケストラが委嘱した作品“セレブレーション”は最終的にレコーディングされる運びとなった。また、これがきっかけとなり、スパークの吹奏楽のための音楽が広く世界中に知られるようになった。その後も多くの依嘱作品を手掛けた彼は、米国からの依頼も増えた。とくに1996年にUSエア・フォース・バンドによって委嘱された“ダンス・ムーブメント”は、1997年に名誉あるサドラー賞を受賞した。

 スパークは指揮者として、また審査員としての活動の場を広げ、その範囲はヨーロッパ全土、スカンジナビア諸国、オーストラリア、ニュージーランド、日本、米国に及んでいる。
 2000年5月には自らの出版社アングロ・ミュージック・プレスを設立した。さらに同年9月には、彼の金管バンドに対する貢献に対して、ウォーシップフル・カンパニー・オブ・ミュージシャンズより、アイルス・メダルが贈られている。

 東京吹奏楽団とは2023年の韓国ソウルでの国際吹奏楽フェスティバルで初共演をし、大成功をおさめ、強い信頼関係で結ばれている。

陽はまた昇るについて

スパーク氏のホームページはこちら(英語)