Tokyo Wind Symphony Orchestra 

131020_0060.jpg

HOME > 出演者 > 指揮者

名誉指揮者 汐澤 安彦

Yasuhiko SHIOZAWA Conductor

汐澤先生4.jpg 新潟県出身。東京芸術大学音楽学部器楽科卒業、同専攻科修了。トロンボーンを山本正人、指揮を金子登の各氏に師事。当初、バストロンボーン奏者として、読売日本交響楽団に在団。かたわら、桐朋学園において斎藤秀雄氏より指揮法を学ぶ。1973年民音指揮コンクール(現・東京国際音楽コンクール指揮部門)第2位。(1位なし)

 1975年渡欧。ベルリン音楽大学、カラヤンアカデミーに学ぶ。帰国後、オーケストラ・吹奏楽・オペラ・合唱の各界で活躍。

汐澤安彦写真S.jpg これまで東京佼成ウインドオーケストラ、二期会合唱団、東京吹奏楽団など各常任指揮者を歴任。また、東京音楽大学シンフォニックウィンドアンサンブルの指揮者として、永くその任にあった。

 1999年日本吹奏楽学会より、第9回日本吹奏楽アカデミー賞(演奏部門)を受賞。
 現在、東京吹奏楽団名誉指揮者。東京音楽大学名誉教授。

正指揮者 小林 恵子

Keiko KOBAYASHI Conductor

Keiko Kobayashi(160229)0899②.tif東京都出身。山梨大学教育学部音楽科卒業。洗足学園音楽大学附属指揮研究所マスターコース修了。ロームミュージックファンデーション音楽セミナー2003指揮者クラス受講生。指揮を小澤征爾、秋山和慶、小林研一郎、川本統脩、藤井宏樹、ダグラス・ボストックの各氏に師事。

これまでに、ハルヴィル城オペラ(スイス)、東京シティフィルハーモニー管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、日本センチュリー交響楽団、広島交響楽団、静岡交響楽団、スリランカ交響楽団、ボンベイ室内オーケストラ等を指揮。新国立劇場等のミュージカル指揮、合唱指揮、ピアノ奏者としても多くの公演に出演。

吹奏楽においては、2004~2006年、東京佼成ウインドオーケストラ副指揮者として研鑽を積み、2007年にはヨーロッパの吹奏楽の祭典・ミッドヨーロッパ(オーストリア)の国際指揮マスタークラスにて第1位受賞。オオサカシオンウインドオーケストラ、シエナウインドオーケストラ、ウインドアンサンブル奏等を指揮し、佼成ウインドとのDVDおよびCDが発売されている。
また、コロンボウインドオーケストラ(スリランカ初の吹奏楽団)の結成に携わり、2012年より活動。その他、アジアシンフォニックバンドコンペティション及び全日本吹奏楽コンクール審査員、各吹奏楽連盟講習会等の講師として招聘。

2016年4月、東京吹奏楽団正指揮者に就任。日本ウインドアンサンブル首席指揮者。洗足学園音楽大学講師。相愛オーケストラ講師。ヤングかわさきジョイフルバンド(川崎市教育委員会)常任指揮者。
スリランカでの音楽活動が称えられ、2011年に在スリランカ日本国大使より在外公館長賞を授与。2013年AERAの特集「アジアで勝つ日本人100人」に選出。著書『吹奏楽のためのスコア入門』(ヤマハミュージックメディア)が再版を重ねている。その他、各地で指導者・教師らと一緒に指揮勉強会(コバ会)を積極的に開催している。